便秘茶でこんな成分は気をつけたい

便秘茶でこんな成分は気をつけたい

強力に便を排泄する働きがある便秘茶の成分を知っておきましょう。ごくたまに飲むのならお腹がスッキリして良いこともありますが、毎日お茶代わりに飲む場合は成分はちゃんと比較する必要があります。排泄力の高いお茶を毎日飲んでいると、腸の働きが弱くなって便を自力で排泄できなくなってしまいます。便秘茶を選ぶ際には目的別で成分を選ぶのがポイントです。
日常的に便秘茶を飲みたい方が避けたい成分は次のようなものです。センナ、アロエ、キャンドルブッシュです。センナはよく聞く名前で便秘茶の中でも強い作用を持っていることはご存知では無いでしょうか。それ以外にもアロエやキャンドルブッシュなど一見体には良さそうな成分も腸には負担となってしまう可能性があります。人によっては効きすぎて下痢を起こすこともありますから、これらの成分は注意しましょう。月に1回〜2回くらいで頑固な便秘を治す程度でしたら、強い作用の便秘茶でも腸に負担が無く使える可能性はあります。ただし強い作用がある成分はお腹が痛くなりやすく、便秘がひどい人にとってももしかしたら使いにくい商品になるかもしれません。
便秘茶を飲んで直ぐにお腹が痛くなったり、下痢を起こすようなら配合されている成分に強い効き目のものがあると判断できます。