成分別の便秘茶の選び方

成分別の便秘茶の選び方

便秘茶を比較すると成分によって4つに分類することができます。1つ目は食物繊維の力で排便を促すお茶、2つ目は腸のぜんどう運動を刺激するもの、3つめはハーブ系、4つ目は代謝を促進する生薬などを利用する方法です。どれが良いか迷ったら、まずは便秘茶に配合されている成分によって比較してみましょう。
まず食物繊維が多い便秘茶は野菜が不足している人によく、便のカサを増すことで排便を促します。大麦若葉、オオバコ、桑の葉など青汁にも含まれている原料には食物繊維が多く含まれお茶としても活用されています。自然な形で排便を促したいならこの成分を選ぶと良いでしょう。次に腸のぜんどう運動を高めるお茶ですが、頑固な便秘に役立つ成分です。ただし強い作用があるものは癖になり腸の働きを弱める可能性もあるため時々飲むのがコツです。3つめのハーブ系はハーブティの一種ですから効果も穏やか、普段のお茶として飲めるものが多くなっています。日常的に便秘茶を飲みたい方、お茶感覚で続けたい方に便利でしょう。最後に代謝を上げる便秘茶ですが生薬が含まれているものなら効果も穏やかでゆっくりとした効き目が期待できます。
どれが良いか迷ったら毎日続けたい方にはハーブ・代謝促進系・食物繊維系などが良く、便秘の時だけ飲みたいならぜんどう運動を高める商品でも良いでしょう。