妊娠中には避けたいドクダミ茶

妊娠中には避けたいドクダミ茶

便秘茶の中にはドクダミ茶が配合されているものがあります。カフェインゼロで穏やかな効き目のため多くの方に利用されていますが、気をつけたいのが妊婦さんです。どくだみは摂りすぎると子宮を収縮させる作用が出てしまうこともあるため飲む量には気をつけたほうが良いのです。健康に良さそうで効き目も穏やか、毎日のお茶としても飲みやすいのがドクダミ茶のため妊婦さんでも愛用している方は意外と多くいます。ただし飲む量にだけは注意することをおすすめします。
子宮の収縮作用があるのはお茶として飲んだくらいではそれほど影響は無く、医薬品として飲む場合にのみですが、妊娠中で大量にドクダミ茶を飲むのは避けたほうが良いでしょう。1日に1杯や2杯程度ならあまり影響はなく、子宮が収縮しやすい人以外はドクダミ茶を少しくらい飲んだくらいで早産に繋がるわけではありません。
ちなみにドクダミ茶は便秘予防だけのために飲まれているものではなく、体のデドックスや生活習慣病の予防にも良いといわれています。アトピーや鼻炎の方のアレルギー改善としても活用されていることもあります。特にデドックス作用が強いといわれており、ニキビや肌荒れが改善するとも考えられています。また、カリウムが多く妊娠中のむくみ対策にも繋がります。