便秘茶の飲み方

便秘茶の飲み方

便秘茶の飲み方はそれぞれの商品によって多少異なっています。腸のぜんどう運動を高めるセンナなどは寝る前に飲み、翌朝すっきりする効果を実感する飲み方をします。朝便を出してしまえばその後は便意を感じずに済み、腸の働きが衰えていて便意を感じにくくなっている方はこの飲み方がおすすめです。しかし、センナのような強い便秘茶だとお腹が痛くなったり、1日中お腹を壊しやすい方はもうすこし効果が穏やかな便秘茶を選び、日常茶として飲みやすい商品を選ぶことをおすすめします。この商品は即効性が無いため毎日続けることで排便を促す効果が期待できます。
このように便秘茶といっても直ぐに効果が得られる商品と、穏やかに効き目が期待できるものとでは飲み方が多少異なっています。即効性を期待するなら寝る前に効き目の強い便秘茶がよく、何日も排便が無い場合やお腹が張ってくるしいときに利用してみて下さい。それ以外は効果が穏やかで毎日のお茶として利用しやすい商品を選ぶと続けやすくなります。日頃お茶を毎日飲んでいるならそれを便秘茶に切り替えるだけでよく、定期的に排便が促されトイレに行く習慣が付くようになります。予防茶としてのむものはあくまでも便意を感じやすくして、排便の習慣を付けるためのものとなっています。